カテゴリ:震災( 41 )
震災

処分できない

3.11がよく取り上げられているのはもちろんわかるのだけれど 今日3月10日は東京大空襲の日だ。 でも、そのことを思い出す人は少なくなってきているのだろうなあ。 あ...

2013年 03月 10日

震災

思ったこと

もうすぐ3.11。 自分は忘れかけているのだろうか。 と思っていたけれど 思い出すのがつらいから 無意識に忘れようとしているのかもしれないな。...

2013年 02月 27日

震災

「内部被曝の脅威」感想⑨~おわり~

この夏 初志の会の分科会で 中学の授業での 『原発の単元』について考える機会をわたしは 持つことができた。 教師の立場にいる者は 中立でなければならない。 そし...

2012年 09月 08日

震災

内部被曝感想⑧世代を超えていく傷

人は交通事故でも亡くなるし それが原発で亡くなるのと変わらないではないか。 ということをいう方もいるかもしれない。 でも交通事故はそこで終わっても 原発は 世代を超えて人類...

2012年 09月 07日

震災

内部被曝感想⑦~偏らないようにしつつ~

とにかく、この本を読んだ 素朴な直感としては原発はやっぱりやめなきゃ。だ。 そこが今の自分の基本だと思う。 ニュースでも復興復興と言われているけれど...

2012年 09月 06日

震災

内部被曝・・・感想⑥~無責任なことは言えないけど~

アマゾンで検索したら 「あのおじいさん(肥田氏)はご自分が被爆者だから」みたいなレビューがありました。 でも本当にそうなのだろうか。 ただ単に「被爆者だから」うさんくさいことを...

2012年 09月 05日

震災

内部被曝感想⑤~データは本当になかったのか・現在の医学が尺...

(4からのつづき) では、本当にデータはないのか。 肥田氏によると 日本が原爆を投下されたあと それに関する資料は漏らさないように通達があり隠されていたそうです。 その...

2012年 09月 04日

震災

内部被曝の驚異・感想④~データがそろわないと「危険」と断定...

(3のつづき) なのに、 なぜそれを安全というか。 資本主義経済という枠組みのなかで、資本を絶えず拡大しなければならない人類の宿命。(p171より引用)と書いてありました。 ...

2012年 09月 03日

震災

内部被曝の脅威感想③~しきい値を超えなければ安全か~

(2のつづき)原爆を投下された当時 広島から離れたところにいらっしゃった方が 現在も生き続けていらっしゃるのです。 でも 「原爆ぶらぶら病」と言われる症状を抱えてずっと生きていらっし...

2012年 09月 02日

震災

「内部被曝の脅威」感想②~むしろ低線量のほうが~

(1からのつづきです。) 肥田舜太郎氏は 広島に原爆が落とされた時に 広島市内で医師をしていた方です。 体の外からの被爆(原爆)ですぐに亡くなった方たちの診察も 悲...

2012年 09月 02日