カテゴリ:か行( 26 )
か行

ギャングエイジ(川端裕人・PHP)読了

この著者は以前、現場で実際にこの仕事をしたことのある方に違いない!! と思うほど今の小学校教師の現場の実際をリアルに表現した物語です。 「えっ?前の先生は、失踪したんですか?!」 「新...

2012年 02月 05日

か行

ナニカアル(桐野夏生)

ナニカアル・・・半分以上進みました。う~~ん、やっぱり桐野夏生さん、えぐい?です。 えぐいってどういう意味か自分でもよくわからないでこの言葉を使います。でも「えぐい」です。 ...

2010年 06月 19日

か行

八日目の蝉(角田光代)読了★★★★

いつまでも余韻に浸っていたいような物語でした。 妻との離婚を条件に不倫相手の子どもを堕胎した希和子。 ところが その妻に子どもができてしまう。 不倫相手の...

2010年 04月 10日

か行

八日目の蝉(角田光代)読み中

今朝早く起きて仕事しなくては・・・ とベッドに入った昨夜だった。 でも、 1時間ぐらい爆睡したのち なぜか目が覚めた。 仕方なく(いや、喜んで?)寝付け...

2010年 04月 09日

か行

わたしを離さないで読了(カズオ イシグロ・ハヤカワepi文...

日本とイギリスの2つの文化を背景に持つ著者は イギリスのブッカー賞など いくつかの受賞歴のある方です。 たった今、読み終えましたが 実に不思議な、 あとがきの言葉を借りれば ...

2010年 02月 12日

か行

大聖堂読了

長かった上中下三巻にわたる物語。 主に4人の男女が主人公となっている。 その4人が幼い頃にある秘密を共有する。 それはある騎士が秘密の文書をもっているがために命を狙われる現...

2010年 01月 19日

か行

いまだ読み終わらない「大聖堂」㊥巻

「大聖堂」を読んでいると 人間理解に国境はないのね・・・と思う。 ケンフォレットの描く人間像は、 万国共通であるし その「わかるわかる」と思わせる様々なキャラクタ...

2009年 12月 30日

か行

「大聖堂」上巻を読み終えた感想をつらつらと(ネタバレあり)

ただいま週計画外枠完了。30分かかることが判明。 閑話休題。 「大聖堂」の上巻を読み終えた。 上巻は橋の崩落から ウルフリックとグエンダが結ばれるところまで。...

2009年 12月 06日

か行

大聖堂(続編)㊤

ケン・フォレットの大聖堂・続編の上巻を、もうすぐ読み終わります。 続編じゃない方の「大聖堂」の方が面白いかも・・・ というのが いまのところの感想です。 大聖堂から何代か後の物語...

2009年 12月 01日

か行

「人間をみつめて(神谷美恵子・みすず書房)読了 

神谷美恵子著作集第2巻です。 秘めたる情熱と知性の持ち主。 志のある女性。 本の帯に「心の景色の美しい人」と書かれている。 これは、神谷美恵子さんそのもの...

2009年 11月 09日