カテゴリ:あ行( 41 )
あ行

娘は娘★★★と半

昨日 アガサクリスティの「娘は娘」を読み終えました。 国も 時代もちがうのに ほんと 娘をもつ母親の気持ちを読んでいたら けっこう 日本に現代に ...

2012年 07月 02日

あ行

レインツリーの国読了(有川浩)

有川浩さんのお名前は以前から知っていました。 「図書館戦争」や 「阪急電車」など、気にはなっていました。 しかし どうも「流行の本」とか「ベストセラー」という...

2012年 01月 22日

あ行

ケインとアベル

ケインとアベルもうすぐ終わります。 ポーランドの山で生まれた男の子。ヴワデク。 お母さんはすぐ亡くなる。 それを拾って愛情を持って育ててくれたヘレナという女性。 そして姉のよ...

2012年 01月 10日

あ行

「困ってるひと・大野更紗」読み中

「7つの習慣」を読み終えて 「困ってるひと」を読んでいます。 この著者の方は うら若い20代の女性。しかし上智の(だったかな?大学は上智なのは確か。)大学院でビルマの難民の...

2011年 10月 26日

あ行

第八森の子ども達読了(エルス・ペルフロム)★★★★

以前 ネムリコさんとお会いしたとき ネムリコさんが 「nanacoさんは、たとえファンタジーであっても どこか現実の世界に戻ってくることのある物語が好きなんじゃないのかな」 ...

2011年 09月 29日

あ行

第八森の子どもたち(エルス・ペルフロム/福音館書店)

吉村昭氏「死顔」を読了し、 児童書の「第八森の子どもたち」(エルス・ペルフロム・福音館書店)を読み始めました。 小学生当時の娘のために買い集めた「ブッククラブクローバー」シリーズ(月一回...

2011年 09月 18日

あ行

シャングリラ㊦読了★★

やっと下巻も読み終わった。 上巻の読みづらさに比べると 下巻はあっという間に読み終わった。 この独特の世界に慣れてきて没入できるようになったせいだ。 でも...

2011年 08月 27日

あ行

シャングリラ㊤(池上永一)読了★★

やっとの思いで シャングリラ㊤を読み終えました。 う~~ん。こてこての読みにくさです。 ㊦のあとがきでは(下巻を昨日買って、あとがきを先に読んだのです。) 筒井康隆さんが...

2011年 08月 16日

あ行

愛の重さ(アガサクリスティ)★★★★

例え、端から見て不幸せそうに見える結婚であり人生であるとしても、 それが本人にとって幸せならばそれは幸せなのだ。 親が娘を心配して干渉することはできない。 親が不幸だと感じるこ...

2011年 07月 28日

あ行

俘虜記読み途中

「俘虜記」ですが 俘虜の方達は けっこう当時環境や栄養や衛生状態に恵まれていたのだと知りました。 特に 終戦後は周囲に張り巡らされた鉄条網も解かれ 演芸会のようなも...

2011年 02月 17日