堀川へ

a0060612_17420364.jpeg
堀川小に行った。

1時間目。
M先生の道徳を目指して行った。

受付開始時刻に学校の玄関に到着。ダッシュしたのに方向音痴のため学校内で迷子に。それでも、廊下を駆け抜け(いつも、廊下は走るなと言っているのに。汗)

やっと着いたら時すでに遅し。満員だった。


挫けずに後ろに参観者が立っていらしても気にせず教室に残ればよかったな。と、振り返ると思う。
 



でも、私は躊躇して諦めてしまった。そしてシュンとして教室を出た。  



すると、


私が毎年参観させていただいていたT先生と久しぶりに廊下で再会できた!

実はT先生は異動されていたのだが、公開研究会においでになっていたのだ。



廊下で、そのT先生に教わり、「A先生の国語を拝見しよう!」と急遽方針転換した。


若いA先生の授業はおもしろかった。
落ち着いたあたたかな、静かで穏やかな雰囲気の話し合い、いや、聴き合い。

ああ。私は「授業」を観に行きたいのではなく、堀川の先生という「人」に、堀川の子どもという「人」に、会いたいから毎年惹きつけられてついつい参観に行くのだなと気づかされた。


2時間目はM先生の総合的な学習参観に再挑戦。道徳は無理でも2時間目の総合なら少し部屋が空くかと期待して。混んではいたものの少し空間ができたので教室に滑り込む。

私が入室した時、1時間目が長引いて引き続き展開されていた。

きっと1時間目が誠実で真摯な授業であったであろうことは、途中参観の私にも想像できるものだった。
その後、平和についての総合の授業。 ひとりひとりが自分にとっての平和とは何かを語り始める。1年生の時からずっと話し合いの授業で内なる力を引き出され育てられた子たちの豊かな語彙力と友達の話をかなり真摯に受け止める姿に堀川小の学校力を感じる。

さて、分科会はM先生の方に出るか。A先生の方に出るか。

迷いに迷った挙句A先生の方に出た。


実は私は今年度道徳担当。だから、今年度出来るだけ多くの道徳授業を参観しに行くと決めていた。

なのに変更に次ぐ変更。どうしようー。職場での目標申告には、私は道徳1本で1年間行くと書いたのに。。。

だけど、国語分科会に出たことそのものには後悔はない。

短歌を作る時に感情を直接的な表現で取り組むか、感情を表す言葉を使わずして感情を読み手に想像させるのが良いか。を話し合う、大人の私も参加したくなるような面白い授業だったから。


堀川での板書の仕方や子どもの発言の聴き方など学びもあったし。


ただ、今になって道徳の分科会の内容が気になってきた。

ああ、なぜ、身体は一つしかないのだろう。両方参観したかった。両方の分科会に出たかった。

ともあれ、自己申告に「道徳の公開授業を1年間に3つは見に行く」書いたひとつめの予定が見事に打ち砕かれました。
贅沢な悲鳴です。


気を取り直して私はまた自分にとっての価値のありそうな授業を求めて行脚をしたいです。

それにしても一体なんのために?
なぜ私は地に足をつけないでよそ様の授業ばかり観に行くのだろう。

個を育てるために。かな。

それなのに、分科会の時間はあっという間だっったし。
研究会の2日目から参加したせいか内容の理解も浅くとても今不完全燃焼でもある。

毎回堀川の空気に癒され、先生方のあたたかく深い熱に元気をもらってそれで満足していた自分に今更気づいた。


自分に残された仕事のできる年月は限られているのに何やってるんだろう私。

なんだか今回も漠然とした直観的な学びで満足してしまっている。

まあ、それは仕方のないことかもしれない。


今日だけしかこの子達を見守ることができないんだから。分科会も1時間半しかないから初志の会のようなわけにはいかない。


私は自分の担当する子達との毎日の授業を真摯にやりつづけるしかない。

そのモチベーションを高めてくれるから堀川に私は行くのだ。

T先生が異動され、今回のM先生ももしかしたらそろそろ異動かもしれない。

「もう私は堀川に行かないかも」と思って出かけた今回の小さな旅。
新たなA先生との出会いがあった。少しその気持ちが揺らぎ始めた。



[PR]
トラックバックURL : http://nanacobook.exblog.jp/tb/237069948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nanaco-bookworm | 2017-06-03 16:08 | 同志 | Trackback | Comments(0)

日々の生活で感じたことや読んだ本のことなどを書いています。コメントもいただけると嬉しいです。


by nanaco-bookworm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31