お母さん、娘をやめていいですか。最終回を見て。

a0060612_21282797.png

火曜日に提出しなければならない重要書類を作るために
今朝は9時から休日出勤して午後6時までがんばった。

がんばった自分を自分で甘やかしてほめよう!

とりあえず終わったので明日はまた出勤して見直しと修正と印刷。


夕方、録画した「お母さん、娘をやめていいですか。」の最終回を見た。


このドラマが良い形で終わってほっとした。


私も一人娘を育てた。

思えば娘が大学1年生~2年生の頃が

私の本当の子離れの時期だったかも知れない。それまでは

このドラマの斉藤由貴さんのように娘のことをストーカーのように追いかけていた?かもしれない。

そうは言っても自分はフルタイムで朝から晩まで土日もなく仕事していたから


もしかしたら斉藤由貴さんほどではなく
むしろ普通のお母さんよりは娘を構ってあげられていなかったのかもしれない。(そういえば娘の滑り止め高校受験の日に朝寝坊して、娘の朝ご飯も食べさせず娘は受験校で水一杯だけ飲んで乗り切って無事合格したなんていう過去もあったし。汗)

それでもやはり娘のことはずっと心配して育ててきたつもりだ。
そして中学、高校と反抗期もあったりして
「娘は娘。私とは別の人格を持つんだ。」と言う事は娘の成長につれて気付かされた。



だからこのドラマはかなり誇張があってあの斉藤由貴さんのお母さんっぷりは

かなり異常だったけど、

その根底に流れる気持ちにはとても共感できた。



今はすっかり大人になった娘の幸せを願い続けている点では今も私は娘の「母親」であり、
これからも「母親」であり続ける事に変わりはない。

一人暮らししている娘の事を思わない日はない。

とはいえ
これからも

娘の成長につれて
母親としても私もきっと成長していくんだろうな。


でもまあ

もはや私の年齢からすると


成長と言うよりも「老化」なんだけどね。


(※著作権の関係でもし画像を載せてはいけないならすぐ画像は削除します。もしかしたら、却って宣伝になる?から大丈夫なのかしら?よくわりませんが、もしダメな場合は教えて下さいませ。まあ私のブログは多分そんなに多くの方がご覧になってるとは思えないので無害かもしれませんが。)




[PR]
トラックバックURL : http://nanacobook.exblog.jp/tb/23695028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nanaco-bookworm | 2017-03-04 21:43 | ドラマ・映画・テレビ・演劇 | Trackback | Comments(0)