11月に読んだ本

11月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:568ページ
ナイス数:24ナイス

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐感想
一文を読み取るのに私の場合、2回読まないと理解できなかった。登場人物が多い上、名前も覚えにくい。だけど、重厚で読み応えがあり、読んでいて充実感に浸れた。上橋菜穂子さんのご両親が老いていかれるにあたり、病とは、老いとは、生とは、死とは、など考えられた事を、文化人類学の素養と、恐らく医学も学ばれた上で紡いだ物語。私には読む価値のある本だったと信じている。黒狼病は果たして人為によるのか。違うのか。下巻へ。
読了日:11月27日 著者:上橋菜穂子

読書メーター
1冊だけです。少なっ。

[PR]
トラックバックURL : http://nanacobook.exblog.jp/tb/23438596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nanaco-bookworm | 2016-12-03 05:37 | 読書 | Trackback | Comments(0)

日々の生活で感じたことや読んだ本のことなどを書いています。コメントもいただけると嬉しいです。


by nanaco-bookworm