出張 パンチ 千葉駅

18日金曜日...電車で出張。公開研究会。

こども達が育てた野菜。さつまいも、青菜、大根。それを使ったお料理の数々。
芋餃子、芋まんじゅう。お芋の味噌汁。

それぞれの料理にはショップキーパーと宣伝マンがついている。ど迫力のあるこども達だったな。これは、時間をかけてこども達が教師とつくりあげてきたのだなと感じた。

自分はそこまではやってない。ほろ苦い思い。恥ずかしさ。

でも、見た目の派手さは、必ずしも必要ではないとの思いも。公開研究会という機会があったからこそできた実践でもあろう。良い意味で。

19日土曜日...池袋の会。いつもと違い四谷の会場というのが新鮮でよかった。
上田先生のご講演は、いつも四谷だが、池袋の会はいつも池袋が多い。

四谷は落ち着いた街。人が少なくて静かで好き。
アトレ四谷はスープストックもある。おにぎり屋さんもある。ポール?とかいう高級美味しいパン屋さんもある。上品なアトレ四谷。いいな。

レポートして下さったのも初めて提案に挑戦したIさんだったので、これまた新鮮。
うさぎやヘビ、バッタがごく自然に生活に登場する学校で奮闘している様子がわかる。

私にもそういう頃があったのかな。

勉強会でのメンバーの話も魅力。いいな、こどもについて話をし合うって。


打ち上げは四谷の中華料理。飛び込みで入った。おいしかったな。いつもの池袋の串焼き屋さんと違う店ということでこれまた新鮮。

調子に乗って二次会へ。そこでの会話もまた刺激的。私たちは古株だからこそ、自分をさらけ出して提案しなきゃいけないというT子さんからの厳しい意見。

自分は最近だらけている。大きな行事に追われ続け、それもやっと一息ついて。ゆったりとした毎日を満喫していた。休日出勤をしない土日が2週間も連続したなんてこと今までなかった気がする。


そこへ、いきなりのパンチ。ガツーンと!

でも、凄いことをやるわけじゃなくて、あたりまえのことを流さないで考えてやってみれば良いのかもしれない。

すごく無理してがんばるんではなくて、少しだけ無理して少しだけがんばるみたいな。

まったりゆったりすることは、サボることとは違う。

まったりゆったりしてこそ、ここぞ!という時ベストの対応ができる。


ぼんやりしていた私の心にガツンときた土曜日。ああ。楽しかった!


20日日曜日...千葉駅エキナカオープン。5年も工事していつも工事中の駅構内だった。待ちに待ったオープン。ただ、実際はまだ一部だけの先行オープン。それでも東京駅みたいな品揃え。
嬉しいな。

幼い頃から千葉駅を見て育った。

昔、ボンネットバスがロータリーにあった。
昔の千葉駅ビルにはキディランドがあった。

総武線の黄色い電車で高校に通った頃、ロッテリアがあったこともあった。

その後、キリンシティができた時期もあった。

長い長い千葉駅の歴史をしみじみと振り返った。
新しくなり、ワクワクが半分以上。
それとともに幼い頃の思い出の千葉駅はないという寂しさ少し。

[PR]
トラックバックURL : http://nanacobook.exblog.jp/tb/23379557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nanaco-bookworm | 2016-11-20 21:58 | 同志 | Trackback | Comments(0)

日々の生活で感じたことや読んだ本のことなどを書いています。コメントもいただけると嬉しいです。


by nanaco-bookworm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30