存在をもって

朝、おば(本日は、亡き父の妹。この前は亡き父の兄嫁)の新盆見舞いへ。

昨年9月10月と、たて続けにおばが2人亡くなったのだ。

優しかったおば。
苦労して、農家を全うしたおば。

オートキャンプ場ちかくに住んでいて、
娘が小さいころ、オートキャンプに行った時に立ち寄った。

すると、

トウモロコシなどの野菜を
バーベキュー用にくれた。
いつもその声があったかかった。

もうこの世にはいないんだなあ。

遺影を見ていたら
なんだか自分で言うのもなんだけど、 
私に似ていた。

おばの孫は大学四年。就職が決まったそうだ。

ずいぶん素直な好青年に育ったんだな。
と感慨深かった。




午後、上田先生のご自宅へ。

その生き方、その存在をもってして
いろんなことを教えていただけると思う。


そのご高齢で
なお、たくさんの事を教えて下さるお姿に
何とも胸に迫るものがある。

[PR]
トラックバックURL : http://nanacobook.exblog.jp/tb/23088950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nanaco-bookworm | 2016-08-06 21:28 | 同志 | Trackback | Comments(0)

日々の生活で感じたことや読んだ本のことなどを書いています。コメントもいただけると嬉しいです。


by nanaco-bookworm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30